Skip to main content
Cisco Meraki

段階的アップグレード(Staged Upgrade)

こちらは英語版のドキュメントの内容を翻訳したものです。

内容に矛盾、不一致がある場合には英語版の内容が優先します。

こちらの機能は現在ベータ版として提供されています。ご利用前にこちらのドキュメントを最後までご確認ください。

Meraki スイッチの段階的アップグレード(Staged Upgrade)は、スイッチネットワーク内の特定のスイッチに対して異なる複数のアップグレード枠をスケジュールできる機能です。この機能を利用することで新しいMS用ファームウェアの展開を管理しやすくなります。この機能は オーガナイゼーション > ファームウェアアップグレード にある現在のファームウェアのアップグレード/可視化機能とは異なりますのでご注意ください。

 

主な使用例

  • 新しいファームウェアをネットワーク内の一部で検証する
  • スイッチのアップグレードをネットワーク層(コア、エッジ等)に分けて行う

ファームウェアに関する一般的な情報

ファームウェア アップグレードの管理
Meraki ファームウェアを管理するためのベストプラクティス

段階的アップグレードを使用したアップグレードのスケジュール方法

この機能は現在テンプレートに紐づくネットワークではサポートされておりません。

  1. ファームウェアアップグレードツールでスイッチネットワークに対して新しいファームウェアの適用をスケジュールする
    1. オーガナイゼーション > ファームウェアアップグレードをクリック
    2. すべてのネットワークタブから対象のスイッチネットワークを選択する
    3. アップグレードのスケジュール設定をクリック
    4. アップグレード先のファームウェアバージョンを選択し、次へをクリック
      Firmware-Upgrade-Manager-Meraki-Dashboard.png
    5. アップグレードする時間を指定をクリックし、アップグレードを開始する時間を指定したら"次へ”をクリック
      Firmware-Upgrade-Manager-Meraki-Dashboard (1).png
    6. "○○のネットワークのスケジュール変更" をクリック
  2. 個別のアップグレード枠を設定するスイッチ > 段階的アップグレードをクリック。デフォルトではすべてのスイッチが手順 1 で設定した時間にアップグレードするようになっています。
    1. スケジューリングタブをクリック
    2. アップグレードポリシー > カスタムスケジュールを設定 を選択
    3. ”アップグレード枠の追加" をクリック
    4. 日時を選択し、作成したアップグレード枠でアップグレードを実行するスイッチを指定する。複数のアップグレード枠を追加したい場合はこの手順を繰り返す
      Staged-Upgrades-Manager-Meraki-Dashboard.png
    5. 保存をクリック
  3. アップグレードステータスタブで設定したスケジュール枠が表示される
    Screen Shot 2017-07-26 at 11.23.03 AM.png

 

よくある質問

この機能を使ってスタックスイッチメンバーを個別にアップグレードすることはできますか?

すべてのスタックスイッチメンバーは同時にアップグレードする必要があります。段階的アップグレードの画面でスタックメンバーを個別に選択することはできず、スタック全体を選択できるようになっています。

1つのアップグレード枠の時間を過ぎたあとにアップグレードをキャンセルした場合はどうなりますか?

オーガナイゼーション > ファームウェアアップグレードページで、個々のアップデートのキャンセルまたはロールバックができます。 現在、ロールバックとキャンセルは処理されますが、段階的アップグレード ページにその情報が反映されないという UI 上の事象が発生しています。 もし何か問題があれば、Cisco Meraki テクニカルサポートへお問い合わせください。

  • Was this article helpful?