Skip to main content
Cisco Meraki

ダッシュボード ネットワークのデバイスの追加と削除

Cisco Merakiデバイスをモニタリングおよび設定するには、最初にダッシュボードでネットワークに追加する必要があります。この記事では、ダッシュボードでネットワークにデバイスを追加する方法と、必要に応じて後からデバイスを削除する方法について説明します。

 

Cisco Merakiデバイスの登録および登録解除の詳細については、オーガナイゼーション インベントリの使用方法に関する記事を参照してください。

ネットワークへのデバイスの追加

デバイスをネットワークに追加する方法は複数ありますが、このセクションでは、すべてのデバイスおよびネットワーク タイプに当てはまるもっともシンプルなプロセスを説明します。始める前に、まだ存在していない場合は、ネットワークを作成します。

注記:HAペアで2台のMXが使用されている場合を除き、ネットワークに配置できるMXまたはZ1は1台のみです。 複数のデバイス タイプをネットワークに追加すると、そのネットワークは自動的に統合ネットワークに変換されます。

 

  1. 追加するネットワーク デバイスを選択します。
    注記: 複数のオーガナイゼーションを担当する管理者に対してのみ、オーガナイゼーション ドロップダウンが表示されます。

    525.png
     
  2. Network-wide(ネットワーク全体) > Configure(設定) > Add devices(デバイスの追加)に移動します。
  3. (オプション)デバイス リストの上の検索ボックスを使用して、モデル、シリアル番号などでデバイスを検索できます。
  4. 追加するデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。 
    目的のデバイスがリストされない場合は、最初にそれらを登録する必要がある可能性があります。
    209.png
     
  5. Add <device_type>(<デバイス タイプ>の追加)をクリックします。この場合は、Add devices(デバイスの追加)をクリックします。
    210.png
     
  6. デバイスがネットワークに追加され、モニタリングおよび設定できるようになります。

ネットワークからのデバイスの削除

ダッシュボードでネットワークからデバイスを削除する必要がある場合があります。これは、交換の一環、別のオーガナイゼーションへの移動、または他のさまざまなな理由で生じることがあります。削除するための厳密なプロセスは、デバイス タイプによって異なります。

MRシリーズ、MSシリーズ、MCシリーズ、MVシリーズ、またはレガシー製品の場合

  1. 対象のデバイスを含むネットワークを選択します。

    525.png
  2. デバイス リスト ページに移動します。
    • ワイヤレス ネットワークの場合は、Wireless(ワイヤレス) > Monitor(監視) > Access points(アクセスポイント)
    • スイッチネットワークの場合は、Switch(スイッチ) > Monitor(監視) > Switches(スイッチ)
    • 電話ネットワークの場合は、Phones(電話) > Monitor(監視) > Phones(電話)
    • カメラ ネットワークの場合は、Cameras(カメラ) > Monitor(監視) > Cameras(カメラ)。ネットワークからカメラを削除すると、その動画もすべて削除されます。
  3. 削除するデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。 
    • 211.png
       
  4. Edit(編集)Remove from Network(ネットワークから削除)の順にクリックします。
    212.png
     
  5. 当該デバイスがリストから消えます。

MXシリーズまたはZ1製品の場合

  1. 当該デバイスを含むネットワークを選択します。
    2017-07-19 15_40_01-Google Hangouts - john.miccio@meraki.net.png
     
  2. Security appliance(セキュリティ アプライアンス) > Monitor(監視) > Appliance status(アプライアンスのステータス)ページに移動します。
  3. Remove appliance from network...(アプライアンスをネットワークから削除)をクリックします。
    2017-07-19 15_41_13-Google Hangouts - john.miccio@meraki.net.png
     
  4. シリアル番号が削除するデバイスと一致していることを確認してから、Remove(削除)をクリックします。
    2017-07-19 15_43_44-Security Appliances - Meraki Dashboard.png
     
  5. 当該デバイスがネットワークから削除されます。

Warm Spare設定のMXの場合

  1. 当該デバイスを含むネットワークを選択します。
  2. 「Security Appliance(セキュリティ アプライアンス)」 > 「Appliance Status(アプライアンスのステータス)」に移動します。
  3. 左側のMXのロケーションのアドレスの下にある「Warm Spare」ボタンをクリックします。

Warm Spare1.JPG

  1. 「Warm Spare」を「Enabled(有効)」に設定します。

Warm Spare2.JPG

  1. Warm Spareデバイスのシリアル番号を選択します。
  2. 「Use virtual uplink IPs(仮想アップリンクIPを使用)」または「Use the MX uplink IPs(MXアップリンクIPを使用)」を選択します。
  3. 「Update(更新)」をクリックします。

Warm Spare3.JPG