Skip to main content
Cisco Meraki Documentation

オーガナイゼーションのライセンスモデルをCo-termからPer Device Licensingに変更する方法

こちらのドキュメントは原文を 2023年4月19日付けで翻訳したものです。

最新の情報は原文をご確認いただきますようお願いいたします。

目的

2023 年 2 月以降、Co-termからPDLへの変換は制限されています。

これは変換による予期せぬ悪影響の発生を避け、より戦略的にPDLへ変換できるようにするためです。

担当窓口

・ライセンスサポート(プライマリー)

・営業担当 (セカンダリ)

前提条件

・期限切れまたはコンプライアンス非準拠のオーガナイゼーションは、PDLに変換できません。

・デバイス、ライセンスのコンプライアンスが含まれます。

・期限切れまたは期限切れ間近のオーガナイゼーションは更新の注文が確認できる場合のみ変換を承ります。

・ライセンスキーはCo-termでは追加せず、必ずPDLへ変換後に追加してください。

・依頼者がオーガナイゼーションの、SAML読み取り/書き込みユーザーを含む、読み取り/書き込み可能なフル権限を持つ管理者であることを、当日のサポート用パスコードを確認することで確認してください。

・ネットワークや企業の管理者によるご依頼は承りかねるため、フル権限を持つ管理者へ連絡の上ご依頼ください。

・依頼者が複数のオーガナイゼーション管理者/MSPポータルであるかどうかを確認してください(ダッシュボード ナビゲーションパネル>Global OverviewまたはMSPポータル)。

手順

Step1:サポートに連絡

ダッシュボードまたはemail(licensing@meraki.net) にてケースをオープンする、

またはサポートへ電話しオーガナイゼーションのライセンス形態変更を依頼する。

*この時点で、サポートは情報共有のために営業担当者(いる場合)を、スレッドに追加します。

次に、2つのライセンス形態の違いについて以下の表で確認する。

説明

Co-term

PDL

ライセンス更新の柔軟性

全体で一括しておこなう

全体で一括で行うことも

部分的に更新することも可能

ライセンスのアクティベーション

購入日より消費開始

90日間の猶予期間後に消費を開始

ライセンス管理

簡単

同一オーガナイゼーションのすべてのライセンスが同じ日に失効する

複雑

デバイスに割り当てられたライセンスが個別に失効する。

そのため、すべてのデバイス、個別の有効期限を把握する必要がある。

ライセンス有効期限

すべてのデバイスに対して平準化された1つの有効期限が計算されます。

すべてのデバイス、ネットワーク、オーガナイゼーションで異なる

ライセンス変更時の影響

ライセンスの追加、移動、更新を行うと、オーガナイゼーションのライセンス有効期限が再計算されます。

ライセンスの追加や移動は、Org内の他の個々のライセンスに影響を与えません。

ライセンスの紐付き

オーガナイゼーション単位

デバイス単位

ライセンス割り当て作業

不必要

必要

ライセンスの事前割当

不可

あり

未使用の追加ライセンスをキューに入れることで、デバイスの有効期限を延長することが可能

ライセンス切れ時の対応

オーガナイゼーション全体でシャットダウン

デバイス毎にシャットダウン

MXプロダクトエディション

オーガナイゼーション全体で、単一のプロダクトエディション

オーガナイゼーション全体で、単一のプロダクトエディション

MRプロダクトエディション

オーガナイゼーション全体で、単一のプロダクトエディション

デバイス単位で、複数のプロダクトエディション

MSプロダクトエディション

オーガナイゼーション全体で、単一のプロダクトエディション

デバイス単位で、複数のプロダクトエディション

ライセンスの自動化

ライセンスの一覧化、移動にAPIの使用が可能

ライセンスの追加、割り当て、移動にAPIの使用が可能

 

Step2:変換を希望する理由の説明

PDLへの変更があなたのビジネスにとって必要である「理由」を説明し、上記の検討事項に問題がないかどうか確認してください。

Step3: 変更の取り消しが不可となるタイミングの設定

変更後の影響について確認後、営業担当者が変換に積極的に関与している場合は、担当営業チームから、このPDLへの変換に関し認識、同意しているとの最終的な承認を得てください。

その後サポートは変更の取り消しができなくなるタイミングを決定します。つまり、一度PDLに変換すると、いかなる方法を以てもco-termへのロールバックは不可能であることを明記します。

Step4: 最終確認

上記の条件をすべて満たしていることが確認できた場合、サポートにより、PDLへの変換ボタンが有効になります。

Step5: 変換

この段階で現時点で、オーガナイゼーション管理者として、オーガナイゼーション>ライセンス情報 から変換を実行することができるようになりできます。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明
 

例外: 既存のPDLモデルを使用したMSP

複数のオーガナイゼーションを保有しているお客様で、現在PDLモデルを使用しており、新たなPDLオーガナイゼーションを作成する必要がある場合、以下の手順で前述の煩雑な手続きを複雑さ軽減できます。のするため、以下の以下の手順に従ってください。

 

解決策として、お客様に”オーガナイゼーションの複製”が利用できます。オーガナイゼーションクローニングワークフローをご提案します。

詳細はこちらのKB: Org Clone または以下をご覧ください。

 

タイムライン

自動的に生成された説明