Skip to main content
Cisco Meraki

オフライン時のログ取得

このページでは、デバイスがオフラインになっている際のログ取得について説明しています。

このページは Out-of-Band Log Fetching の抄訳です。

ページの内容に不一致がある場合、英語版のページの内容が優先されます。

概要

Meraki デバイス内のローカルステータスページ上から暗号化されたログファイルをダウンロードできます。このログファイルは Meraki デバイスが Meraki Cloud に到達できない時に、当該デバイス上で発生している問題に対しトラブルシューティングを行う際に有用である場合があります。問い合わせした際に Meraki サポートからログ取得を依頼する場合があります。ダウンロードしたログファイルは Meraki サポートでのみ復号・調査が可能です。

ログファイルは以下のデバイスでダウンロード可能です。

  • MS10.31 以降のファームウェアで稼働している MS スイッチ

  • MX13.36 以降 あるいは MX 14.34 以降のファームウェアで稼働している MX および Z3 アプライアンス

  • MG 1.9 以降のファームウェアで稼働している MG セルラーゲトウェイ

  • MR 26.0 以降で稼働しているほとんどの MR アクセスポイント

以下のモデルについてはログ取得をサポートしていません。

  • Z1

  • MR11

  • MR12

  • MR14

  • MR16

  • MR18

  • MR62

  • MR66

 

 

ログの取得方法

ログ取得をサポートしているデバイスではローカルステータスページ上にある Configuration タブ (スイッチでは Uplink Configuration) 内に “Download support data” が表示されます。

OOB_log_fetching.png

 

“Download” をクリックすると 15 秒~1 分程度で暗号化された SDB ファイルがダウンロードされます。ダウンロードしたファイルは、メールや、Google ドライブなど様々な手段で送信できます。(ファイル名の形式 : SDB_[mac-address]_[timestamp].dat.)

“Download”をクリックして、2,3分経ってもファイルがダウンロードーされない場合、一度ページを更新してやりなおしてください。また、ポップアップブロッカーがファイルのダウンロードを妨げている可能性がありますので注意してください。ページを更新してもダウンロードができない場合は、現在表示されているローカルステータスページの URL に下記のパスを加えることで直接アクセスできます。

/configure/device_state_data.cgi

ダウンロードしたログファイルは暗号化されており、Meraki サポートでのみ復号ができ、調査に利用します。 

  • Was this article helpful?