Skip to main content
Cisco Meraki Documentation

ネットワークサービスヘルス

このドキュメントは原文を 2024年1月27日付けで翻訳したものです。

最新の情報は原文をご確認ください。

概要

RADIUS、DHCP および DNS サーバは無線クライアントの接続性とエンドユーザーエクスペリエンスにおいて非常に重要な存在です。これらのいずれかのサービスでオフラインが発生すると、エンタープライズ環境では重大なダウンタイムが発生し、生産性が失われます。このような障害に直面した場合、ネットワーク管理者は情報がほとんどない状態でトラブルシューティングを実施することになり、解決の遅れにつながる場合があります。

ワイヤレスエクスペリエンスダッシュボード (ワイヤレス > 概要) の新しいモジュールであるネットワークサービスヘルスでは、ネットワーク管理者がそれら有線サーバの監視およびそこで発生している事象の理解を単一の情報源から行えます。表示される各メトリクスについて、ユーザーは上部のフィルターを使用して、任意の時間幅と影響がある SSID を選択できます。

Meraki Learning Hub の無料オンライントレーニングコースでさらに学びましょう。

Troubleshooting Wireless Client Connectivity
Troubleshooting Wireless Client Performance
Troubleshooting Wireless Network Connectivity
Evaluating Wireless Network Performance

Cisco SSOでサインインするか、無料アカウントを作成してトレーニングを開始できます

ネットワークサービスヘルスは現在、200台以上のアクセスポイントが登録されているネットワークでは利用できません。

 

undefined

undefined

 

undefined

undefined


特徴

RADIUS 成功率

Wireless Network service Health Overview for RADIUS

RADIUS 成功率タブでは、上部フィルターで、ユーザが指定した任意の時間幅でRADIUSサーバの情報を取得し、表示できます。この項目では、最大3つの異なるRADIUSサーバについて、クライアント認証の成功と失敗が表示されます。ユーザーは、すべてのサーバ情報をまとめて表示するか、1つのサーバのみを指定して表示するかを選択できます。このセクションのドロップダウンから RADIUS サーバを選択でき、項目全体では選択した RADIUS サーバの情報に基づいて再計算されます。隣にはネットワーク単位で集計された RADIUS 障害理由コードが円グラフで表示されており、これによりネットワーク管理者は、RADIUS サーバで発生したさまざまなタイプの障害とその影響、および特定の事象によって影響を受けたクライアントの数を迅速に把握することができます。RADIUS 障害の種類については、弊社のサーバ RCA ドキュメントで詳しく説明しています。このドキュメントに記載されているすべての RCA は、[ネットワークサービスヘルス] 項目の参考となります。

他の項目と同様に、ダッシュボードでは、最も多く RADIUS 認証に失敗したアクセスポイントおよびクライアントをフィルタリングし表示します。ネットワーク管理者は、デバイス名をクリックすることで、対象のアクセスポイントやクライアント情報に素早くアクセスできます。

DHCP 成功率

Wireless Network service Health Overview for DHCP

RADIUS 成功率と同様に、DHCP サーバで発生した失敗の情報も確認できます。こちらでは、サーバから DHCP で IP アドレスの取得に成功したすべてのクライアントと、なんらかの理由で失敗したクライアントを理由別に分類し表示します。クライアントが DHCP サーバから IP アドレスを取得できなかった場合は、理由コードを収集します。理由コードの詳細は、サーバ RCA ドキュメントに記載されています。

他の項目と同様に、ダッシュボードでは、最も多く DHCP に失敗したアクセスポイントおよびクライアントをフィルタリングし表示します。ネットワーク管理者は、デバイス名をクリックすることで、対象のアクセスポイントやクライアント情報に素早くアクセスできます。

DNS 成功率

Wireless Network service Health Overview for DNS

RADIUS および DHCP と同様に、DNS 項目では、設定された DNS サーバで発生した障害を表示します。こちらでは、ネットワーク上で試行された DNS クエリの総数の中で、DNS 障害の一覧を表示します。これらのDNSクエリの成功と失敗を視覚的に理解しやすくするために、グラフが生成されます。同様に、DNSサーバーで見られる特定の問題は、ネットワークへの影響を明確に示すために、円グラフで表示されます。ダッシュボードで確認できるさまざまな種類の問題は、サーバ RCA ドキュメントに記載されています。サーバー RCA は、28.5 以上のファームウェアバージョンを実行しているネットワークでのみサポートされていることに注意してください。

他の項目と同様に、ダッシュボードでは、最も多く DNS に失敗したアクセスポイントおよびクライアントをフィルタリングし表示します。ネットワーク管理者は、デバイス名をクリックすることで、対象のアクセスポイントやクライアント情報に素早くアクセスできます。

 

  • Was this article helpful?