Skip to main content
Cisco Meraki

iOS向けシステムマネージャーの位置情報を管理する

この記事はこちらのヘルプ記事を翻訳したものです。

内容に不一致がある場合は英語版の内容が優先されます。

iOS 向けシステムマネージャーアプリをインストールし、有効にすることで登録した iOS 端末に対しより正確な位置情報追跡を含む多くの追加機能が利用できるようになります。システムマネージャーでは影響を最小限に留めるよう尽力していますが、GPS位置情報追跡サービスを利用すると結果としてバッテリーの寿命が若干短くなる可能性があります。もしユーザーがシステムマネージャーによってバッテリーライフが極端に短くなったと感じた場合には、位置情報サービスを無効にすることができます。無効にしても通知の送信等のその他追加機能は引き続き利用できます。

この記事ではシステムマネージャーアプリの位置情報サービスを制御する方法について説明しています。

システムマネージャーを通じsた位置情報の追跡管理や、iOS での位置情報データの改善に関する一般的な情報はこちらに記載されています。

システムマネージャーアプリで位置情報をサービスを有効にする

必ずシステムマネージャーアプリを起動し、初回起動時に通知と位置情報サービスへのアクセスを許可してください。

 

デバイスの"設定" から各アプリ毎の位置情報サービスへのアクセスについて確認できます。

  1. iOS 端末から設定 > プライバシーをタップ 
  2. 位置情報サービスを選択
  3. "Meraki MDM"を確認し、必要に応じてオン/オフを切り替える
     

Settings > Privacy

 

MDM経由で「プライバシー」>「位置情報サービス」を設定することはできません。これは、エンドユーザーがGPSトラッキングをオンまたはオフにできることを意味します。

システムマネージャーアプリのiOSデバイスで位置情報サービスが有効になると、ダッシュボードはGPSを介してデバイスの位置を極めて正確に報告できるようになります。

GPSで位置情報がダッシュボードに報告されると、ジオフェンシング・ポリシーが正確に機能するようになります。これにより、位置情報に基づいてデバイスの設定を動的に変更することができます。

  • Was this article helpful?