Skip to main content
Cisco Meraki

MX67/MX68設置ガイド

このドキュメントでは、MX67およびMX68セキュリティ アプライアンスの設置とセットアップ方法について説明します。その他の参照ドキュメントは、www.meraki.com/library/productsからオンラインで入手できます。

MX67/MX68の概要

Meraki MX67およびMX68は、リモート管理を必要とする分散導入のために設計されたエンタープライズ セキュリティ アプライアンスです。導入の容易さと最新の機能セットの両方を求めるネットワーク管理者に最適です。アプライアンスの機能の概要については、MX67およびMX68の概要と仕様を参照してください。

パッケージの内容

MXデバイスのほかに、以下のものが含まれています。

MX67/MX68 MX67W/MX68W
電源アダプタ(電源ケーブルなし) 電源アダプタ(電源ケーブルなし)
CAT5イーサネット ケーブル x2 CAT5イーサネット ケーブル x2
壁面用ねじとアンカー 壁面用ねじとアンカー    
  WiFiアンテナ x2
   
MX67C MX68CW
電源アダプタ(電源ケーブルなし) 電源アダプタ(電源ケーブルなし)
CAT5イーサネット ケーブル x2 CAT5イーサネット ケーブル x2
壁面用ねじとアンカー     壁面用ねじとアンカー    
LTEアンテナ x2 固定(取り外し不能)ハイブリッドWiFi+LTEアンテナ x2

前面パネル

MX67/67C/67W

 

67_front_panel.png

 

MX68/68W/68CW

 

68_front_panel.png

 

ステータス インジケータ

MX67/MX68シリーズのデバイスはLEDを使用してデバイスのステータスをユーザに知らせます。LEDのパターンとそれぞれの意味は、次のとおりです。

LEDステータス

意味

オレンジ色で点灯

電源は入っているが、アプライアンスはMerakiダッシュボードに接続されていない

複数の色が交互に点滅 アプライアンスがMerakiダッシュボードへの接続を試みている

白色で点滅

ファームウェアのアップグレード中

白色で点灯

完全に動作可能/接続済み、アップリンクは有線WANをアクティブに使用中
紫色で点灯 完全に動作可能/接続済み、アップリンクは統合セルラーのフェールオーバーをアクティブに使用中

背面パネル

MX67

 

67_back_panel.png

 

MX67C

 

MX67C_back_panel.png

 

MX67W

 

MX67W_back_panel.png

 

MX67/MX67W/MX67C背面パネルの機能

背面パネルのその他の機能については、次の表を参照してください(左から右の順)。

SIM カード スロット(MX67C) アクティブで、サポートされているSIMカードをこのスロットに挿入して、セルラー機能を有効にできます。

USBポート

外部3G/4Gワイヤレス モデム用USB3.0。トラフィックのステータスはUSB LEDによって示されます。

WAN/インターネット ポート このポートは、WANへの接続を提供します。
LANポート

これらの4つのポートは、コンピュータ、プリンタ、アクセス ポイント、またはイーサネット スイッチへの接続を提供します。

LEDが緑色で点灯している場合は双方向接続を示し、緑色の点滅はトラフィックが発生していることを示します。

LAN2ポートは、LANポートまたは2つ目のインターネット ポートです。

電源入力 本体の電源供給専用として設計されています。

リセット ボタン

リセットが必要な場合は、ペーパー クリップを挿入します。

ダウンロードした設定を削除して再起動するには、1秒間押します。
初期設定に強制リセットするには、10秒以上押し続けます。

MX68

 

68_back_panel.png

 

MX68W

 

MX68W_back_panel.png

 

MX68CW

 

68CW_back_panel.png

 

 

MX68/MX68W/MX68CWの背面パネルの機能

背面パネルのその他の機能については、次の表を参照してください(左から右の順)。

WAN/インターネット ポート これらの2つのポートは、WANへの接続を提供します。
LANポート

これらの8つのポートは、コンピュータ、プリンタ、アクセス ポイント、またはイーサネット スイッチへの接続を提供します。

LEDが緑色で点灯している場合は双方向接続を示し、緑色の点滅はトラフィックが発生していることを示します。

PoE+ポート

これらの2つのLANポートは、コンピュータ、プリンタ、アクセス ポイント、またはイーサネット スイッチへの接続を提供します。

各ポートは最大30WのPoE電力を出力します。

LEDが緑色で点灯している場合は双方向接続を示し、緑色の点滅はトラフィックが発生していることを示します。

電源入力 本体の電源供給専用として設計されています。

リセット ボタン

リセットが必要な場合は、ペーパー クリップを挿入します。

ダウンロードした設定を削除して再起動するには、1秒間押します。
初期設定に強制リセットするには、10秒以上押し続けます。

側面パネル

MX68

 

68_side_panel.png

 

MX68W

 

MX68W_side_panel.png

 

MX68CW

 

68cw_side_panel.png

 

 

MX68/MX68W/MX68CWの側面パネルの機能

側面パネルのその他の機能については、次の表を参照してください(左から右の順)。

SIM カード スロット(MX68CW) アクティブで、サポートされているSIMカードをこのスロットに挿入して、セルラー機能を有効にできます。

USBポート

3G/4Gワイヤレス カード用USB 2.0。トラフィックのステータスはUSB LEDによって示されます。

底面パネル

 

67_bottom_panel.png

 

シリアル番号はMX67/MX68デバイスの底面パネルの製品ラベルに記載されています。

取り付け器具

付属の壁面用ネジとアンカーによって、アプライアンスを石膏ボード表面に縦向きまたは横向きに取り付けることができます。穴の間隔は13㎝(5と1/8インチ)にする必要があります。

  • 石膏ボードへの取り付けには1/4インチのドリル ビットを使用し、プラスチック部品とネジ部品を挿入します。
  • 木製などの壁面に取り付ける場合は、ネジだけを使用します。
  • ネジの頭は、アプライアンスの背面にしっかりと挿入できるように、十分な長さを残してください。

WANへの接続

すべてのMeraki MXデバイスにはIPアドレスが必要です。このセクションでは、ローカル エリア ネットワークを導入する前の設定について説明します。アプライアンスで実行するローカル管理Webサービスには、クライアントPC上で実行しているブラウザからアクセスします。このWebサービスは、基本的なISP/WAN接続の設定と監視に使用されます。

固定IPアドレスのセットアップ

次の手順でクライアントPCがローカルWebサービスにリダイレクトされるには、クライアント マシン上の他のすべてのネットワーク サービス(Wi-Fiなど)を無効にする必要があります。

次の手順を実行して、基本的な接続とその他のネットワーキング パラメータを設定します。

  1. ラップトップなどのクライアント マシンを、MXのいずれかのLANポートに接続します。
  2. クライアント マシンのブラウザでhttp://setup.meraki.comを開き、アプライアンスの組み込みWebサービスにアクセスします。(このアドレスにアクセスするためにインターネットに接続する必要はありません)
  3. Local status(ローカル ステータス)タブのUplink configuration(アップリンク設定)をクリックします。 デフォルトの認証情報では、ユーザ名はデバイスのシリアル番号で、パスワード フィールドは空白です。
  4. IP Assignment(IP割り当て)オプションとしてStatic(固定)を選択します。
  5. IPアドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイIP、およびDNSサーバー情報を入力します。

DHCP IPアドレスのセットアップ

デフォルトでは、すべてのMXデバイスはアップストリームWAN/ISPサーバーによってDHCPが設定されます。MXのWAN/インターネット ポートをアップストリーム回線に接続して数分待つと、ユニットがDHCPアドレスをネゴシエートします。

WAN接続が完全に有効になると、インターネットLED 1が緑色に点灯します。

セルラー フェールオーバーのセットアップ

MX67CおよびMX68CWには、セルラー フェールオーバー接続のための組み込みLTEモジュールがあります。次のセクションでは、インターネット接続をプライマリ接続とし、セルラーをフェールオーバーとするMXの初回セットアップの手順を説明します。

 

デバイスの物理ラベルにはIMEIが記載されていますが、Merakiダッシュボードにはまだ表示されないことに注意してください。LTEが組み込まれたMXのIMEIは、シリアル番号およびMACアドレスとともに、セルラー組み込みMXデバイスの底面の製品ラベルに記載されています。

 

セルラー フェールオーバー接続をセットアップするには、以下の手順に従ってください。

 

  1. MXの電源を切ります。 MXの電源が入っている状態でSIMカードの交換/挿入を行うと、予期しない動作やエラーが発生することがあります。

  2. MX67Cの場合、セルラー受信用アンテナを接続します。MX68CWでは、アンテナは事前に取り付けられています。

  3. 同梱のSIMカード取り外しツールを使用して、SIMトレイを開きます。

  4. ナノSIMカード(4FFサイズ)を挿入して、SIMトレイを閉じます。

  5. MXデバイスのアップリンクを有線接続を介してMerakiクラウドに接続します。

  6. MXの電源を入れて、MXがMerakiダッシュボードでオンラインとして表示されるのを待ちます。

  7. APNを設定する必要がある場合は、選択したキャリアとともに確認します。これは、MerakiダッシュボードのSecurity & SD-WAN(セキュリティ&SD-WAN) > Monitor(監視) > Appliance Status(機器のステータス) > Uplink(アップリンク)タブから行います。

  8. Security & SD-WAN(セキュリティ&SD-WAN) > Monitor(監視) > Appliance Status(機器のステータス) > Uplink(アップリンク)タブに移動し、Status(ステータス)の横の編集(鉛筆)ボタンを選択して、Enabled(有効)を選択します。セルラー アップリンクが正常に接続されると、Appliance Status(機器のステータス)ページの左側とUplink(アップリンク)タブでステータスを確認できます。正常に接続されているときには、接続にReady(準備完了)と表示されます。

  9. セルラー フェールオーバー接続をテストします。これを行うには、有線接続を切断するか、Security & SD-WAN(セキュリティ&SD-WAN) > Monitor(監視) > Appliance Status(機器のステータス)の「Tools(ツール)」タブにあるtracerouteツールを使用します。

  10. 上記の手順の後にSIMカードが検出されない場合は、SIMカードがアクティブでありデータが格納されていることをキャリアに確認してください。キャリアからトラブルシューティング サポートを受けるには、SIMカードのICCIDとデバイスのIMEIが必要です。

  11. 上記の手順の後もセルラー接続が認識されない場合は、Merakiサポートに連絡してください。

その他の設定

以下の設定はすべて、ローカル管理コンソール以外からはアクセスできないことに注意してください。

VLANの設定

WANアップリンクがトランク ポートにある場合は、VLAN tagging(VLANタグ付け) > Use VLAN tagging(VLANタグ付けを使用する)を選択して、ネットワークのVLAN IDとして適切な値を入力します。

MX68のセカンダリWANインターフェースのセットアップ 

MX68デバイスには2つの専用インターネット ポートがあり、両方ともSecurity & SD-WAN(セキュリティ&SD-WAN) > Monitor(監視) > Appliance Status(機器のステータス)の「Uplink(アップリンク)」タブで設定します。

MX67のセカンダリWANインターフェースのセットアップ

「Local Status(ローカル ステータス)」ページから、LAN2ポートをLANInternet(インターネット)の間で切り替えることができます。

PPPoEの設定

MXデバイスをDSL回線に接続する場合、PPPoE認証が必要になることがあります。以下の手順を完了するには、認証オプションと認証情報(ISPが提供)を知っている必要があります。

  • Connection Type(接続タイプ) > PPPoEを選択します。
  • Authentication(認証)オプションを選択します。
  • Use authentication(認証を使用)を選択した場合は、Username(ユーザ名)Password(パスワード)に適切な値を入力します。

Webプロキシ設定

これらの設定は、MXデバイスをHTTPを使用してフォールバックして、Cloud Controllerにアクセスする必要がある場合に有効です。デフォルトでは、Webプロキシは無効になっています。Webプロキシを有効にするには、以下の手順を実行します。

  • Web proxy(Webプロキシ) > Yes(はい)を選択します。
  • Hostname or IP(ホスト名またはIP)Port(ポート)に適切な値を入力します。
  • 認証が必要な場合は、Authentication(認証) > Use authentication(認証を使用)を選択して、Username(ユーザ名)Password(パスワード)に適切な値を入力します。

すべての構成設定をアプライアンスに適用するには、ページ下部のSave Settings(設定の保存)をクリックします。

物理リンク設定

イーサネット ポートの物理リンク設定を行うにはLocal status(ローカル ステータス) > Ethernet configuration(イーサネットの設定)をクリックします。半二重、全二重、および自動ネゴシエーションを有効にできるほか、10または100Mbpsデータ レートを設定できます。

  • Was this article helpful?