Skip to main content
Cisco Meraki

Cisco Meraki テクニカルサポート

サポート窓口

  • 営業時間:24時間365日 (※) 平日 09:00 - 17:00 (日本語)
  • 受付方法:ダッシュボードおよび電話 
    Merakiは、サンフランシスコ、シカゴ、ロンドン、上海、東京、シドニーにてサポートセンターを運営しています。
  • (※) 上記営業時間外は英語対応となります。無償通訳サービス有(下記受付方法・電話項目参照)
  • 年末年始(12/30 - 1/3)の日本語サポートはベストエフォートでの提供になります。お急ぎの場合はお電話頂ますようお願いいたします。

サポートSLA

  • お客様は、デバイスライセンスを購入することでサポートケース(Case)をオープンする事ができます。
  • Merakiを使用してネットワークを管理・提供するサービスプロバイダー(MSP)やパートナーも同様に、Merakiサポートに問い合わせする事が可能です。

MSPによってネットワークを管理・提供されているお客様は、そのMSPのサポート窓口にご連絡ください。

NTT東日本 法人のお客様 ギガらくサポート情報

クラウドインフラ

Cisco Merakiのクラウドインフラストラクチャは99.99%のSLAで保護されており、24時間365日体制でインフラを管理し、ハイアベイラビリティを確保しています。万が一クラウドインフラストラクチャの中断が発生しても、ユーザートラフィックとデータは影響を受けません。

受付方法

ダッシュボード

  • 必ずお問い合わせ先のネットワークから、ヘルプ → ケース → ケースの新規作成 を選択し、必要事項を明記の上送信してください。 
  • ダッシュボードからオープンされたサポートケース(Case)は、翌営業日 までに一時回答をいたします。
  • 緊急性が高い場合は、Merakiのエンジニアが適切なトラブルシューティングと技術的対応を確実に行えるようにするため、必ずお電話ください。
  • 必要な情報が明記されていない場合は、調査にお時間を頂く事になり、ご迷惑をおかけいたしますので、問診票(Case 作成時に必要な情報)の項目をご参照の上、Caseを作成頂ますようお願い致します。
  • 混乱を防ぐため、1つの事象に対して1つのCaseで対応させて頂きます。複数の事象に関してはCaseを分割させて頂く場合がございます。
  • 一旦クローズと判断されたケースを長期に渡ってオープン状態にしておくことはできませんが、万が一事象が再発した際は、新たにケースをオープンして頂き、前回のケース番号を伝えて頂くことで、より迅速に対応する事が可能です。

電話

  • 日本語サポートの電話番号03-4540-4174
  • 問題発生中など、緊急のサポートが必要な場合は、必ずお電話ください。優先的に対応させて頂きます。
  • 日本語の営業時間外は、無償の通訳サービスも提供しております。ご利用の際は海外のエンジニアに「Japanese Translator Please」とお伝え下さい。
  • 回線の混雑を回避するため、使い方や仕様に関する質問など、緊急ではないと判断されたお問い合わせについては、ダッシュボードでの対応とさせて頂く場合がございます。
  • より早く対応をさせて頂くためには、まずダッシュボードでCaseを作成して頂いた後、お電話頂く事を推奨いたします。

RMA (保証期間内の交換)

  • 通常RMAのケースは、トラブルシューティングを行った後にオープンされます。
  • MR, MX, MSのセルフトラブルシューティングについては、「RMA確認事項」をご参照下さい。
  • 故障が確認されない場合はRMAのリクエストは受け付けられません。
  • ライフタイムワランティ付きの製品は、アドバンスリプレイスメントの対象です。アドバンスリプレイスメントは1営業日以内に発送されます。全ての製品には、1年間またはライフタイムワランティが付いています。詳細は各製品のデータシートでご確認ください。
  • MerakiのサポートエンジニアがRMAを承認した後、RMA番号が発行されます。

関連リンク

問診票(Case作成時に必要な情報)
NTT東日本 法人のお客様 ギガらくサポート情報
Meraki Community - Meraki サポートの記事  (閲覧するには Cisco.com ID が必要です。 作成手順はこちらをご参照ください)

  • Was this article helpful?